水彩画家 AZUMAs「思想論」

水彩画家 AZUMAs「思想論」

絵画全般に言えることですが、絵を描くということは哲学でもあります。

考えながら描くということです。

水彩画を使って何を表現したいのか、対象物と対話し、相談して作品を作り上げでいくのです。

決して、自分のインスピレーションが先行してはいけません。

対象物を尊重し、謙虚に向かい合わなければいい作品は生まれないと思います。

是非、対象物と心から会話してみて、素直な気持ちで描いてみましょう。

そして、自分の作品に対して解説ができるようにしましょう。

水彩画家 AZUMAs「思想論」

( 文 水彩画家 東 有達)

―このページは水彩画家 AZUMAsブログのページです―

水彩画の基本や描き方、考え方を紹介しています。最後まで読んで頂きありがとうございます。他の記事もぜひご覧下さい。

水彩画家 東富有(父)を師匠とし、兄妹3人(東有達、東俊達、東達美)は小さい頃から絵を描き、新潟や佐渡の風景を中心に制作をし、2016年から新潟三越で親子展を開催、全国各地のギャラリーや展示会で作品を発表しています。

水彩画家 AZUMAs

おすすめ